採用

Q.学生時代はどんなことをしていましたか

 大学では、ビジネス・マーケティングを勉強しました。 社会に出てから多様な可能性が広がるとの考えから専攻しました。 プライベートでは、休みの度にバックパッカーで海外へ行っていました。 アジア・北米・ヨーロッパ・中東・北アフリカなど、30か国くらいは回ったと思います。 エアーズロックのふもとで野宿した時の満天の星空が忘れられないです。 海外とのつながりを持つことで見分が広がり、今の仕事に役立っています。

Q.入社のきっかけは

 就職活動していた時は、技術職が重要視される時代でした。 既に内定が決まっている会社もありましたが、実家の近くに本社があり、敷地も広く、 海外とも取引きがある、ということで興味を持ち、ホームページを見て応募しました。 大学等でやってきたことが活かせると思い、選考の段階から営業を志望していました。

Q.文系で戸惑ったことはありますか?

 文系でも、理系でも入社後やるべきことや覚えることは一緒なので、スタートラインは一緒です。 ただ、専門用語という意味では少しだけマイナススタートでした。 レンチなど簡単な工具も良く分からず、最初の工場研修時は工場内でモノを取りに行くのも一苦労でした。 積極的に先輩に聞いたり、自分で調べながら覚えていきました。 積極的に聞くことで先輩社員とのコミュニケーションにもつながり、その後の人間関係にも役立っています。 理系と文系で考え方が違うように感じます。 文系だから、なのかはわかりませんが、一つのことに執着せず、様々な角度から考えることができることが自分の強みであり、 会社の多様性に結びついていると思います。

Q.営業としてどんな仕事をしていますか?

お客様のニーズ・困りごとを理解して、新たな付加価値のある金型や設備を届けることです。 その為に、相手の立場を理解すること、情報収集能力が重要になります。 こちらから情報を提供し、相手の情報を引き出すことでコミュニケーションを増やし、 仕事につなげています。 情報は営業にとって武器ですね。

Q.営業の中でも海外営業として活躍されていますが、 言語の壁はどう乗り越えたのでしょうか?

 会社の教育プログラムで英会話を学べたことは大きかったです。 自信をもって自分の言いたいことを伝えられますし、 お客様の困っていることや要求することを理解して行動に移せていると思います。 今は、いかに海外のお客様と積極的にコミュニケーションをとり、 いい関係を築いていくかを意識しています。

Q.仕事の面白みは?

 海外では過程を重視し、どのような取り組みをして価値を提供しているかを 見てくれているので、手ごたえを感じます。 日本は成果主義な部分があり、努力が報われないことも多いですが、海外ではそれがない。 自分たちに対してどれだけ努力をしてくれたか、が伝わればそれを評価してもらえます。
 また、国内外問わず色々な人と出会い、対話することが面白さでもあり、 難しさでもあります。

Q.次の目標は?

 意識は海外なので、海外の販路を今まで以上に広げて グローバルに働くことをやっていきたいです。 ターゲットとしては、北米とヨーロッパかな。 北米地区は大きなマーケットがあるので。 人件費高騰などアジアから日本回帰の流れもあり、 アジアでのモノづくりはシュリンクしているのではないか。 このような状況を意識して仕事を取りに行きたいです。

Q.ムツミの雰囲気を一言で言うと?

 人間のしがらみ、みたいなものがないので、 シンプルに仕事に向かえるという意味でフラットな会社だと思います。 入社当時から特に人間関係で困ることは一度もありませんでした。 積極的に話しかけたら先輩方も応えてくれ、色々なことを手取り足取り教えてくれました。 上下関係は勿論あるが、風通しの良い会社だと思います。

Q.これから入社される方に一言

 フラットな会社なので、海外で挑戦したい、自分の能力を試したい人は、 会社の後押しも含めて存分に力を発揮できるチャンスがあります。 僕らと一緒に頑張っていきましょう。

ムツミ工業株式会社 名古屋市北区瑠璃光町5丁目1番地 TEL:052-913-2111

© 2003 MUTSUMI INDUSTRY CO., LTD.


TOP